労働基準監督署調査対策/就業規則専門相談所|神奈川県 藤沢市 茅ヶ崎 鎌倉 辻堂 平塚の特定社会保険労務士

労働基準監督署調査対策(労務診断、労務監査等)

是正勧告への迅速、かつ正確な対応は大切ですが、それ以上に、労働基準監督署の調査が来ても問題のない労務管理が非常に大切です。

 

たとえば、未払い残業代。
過去に遡って自主的に改善することが理想ではありますが、費用や時間的なものを考えると、問題があるとわかっていても中々難しいものです。
では、いますぐ、未来に向けて改善してはいかがでしょうか。
今月から、来月から、という形で、すぐに制度や計算方法を改善し、適正化しましょう。

 

これにより、今後労働基準監督署の調査が入っても、改善の努力をしていることが認められ、是正勧告が発出されない場合もあります。
また、改善後数か月が経過していれば、調査で問題を指摘されること自体がない場合もあります。

 

また、就業規則等の社内規程を改善し、制度を適正化ておくことにより、指摘事項を減らすこともできるでしょう。

 

このように、労働基準監督署調査、是正勧告対応の経験が豊富な特定社会保険労務士が、事前に会社の状況を調査・診断することにより、問題事項や危険を内在した制度、不足している規則や労使協定等をあぶり出し、会社の労務管理を適正化することができるのです。

 

この労働基準監督署対策は、そのままイコールとして、従業員とのトラブル防止にも繋がります。

 

会社が適法・適正に制度運営すれば、もしも従業員から意見が出されても、正当に対応することができるからです。
よって、訴訟リスクや紛争リスクはもちろんのこと、従業員対応の手間や時間も減らすことができます。

 

労務診断、労務監査、労働条件審査等、名称は様々ですが、会社の労務管理状況を適正化することに変わりはありません。

 

ぜひ一度、専門家の目で会社に問題点がないか確認してください。

 

社労士オフィスみやざきでは、労働問題に強い特定社会保険労務士が対応いたします。

 

内容の一部ではありますが、大まかに下記のような診断をします。

1.就業規則
就業規則は作成されているか、内容は適正か、手続きは適正か

 

2.労使協定
必要な労使協定は締結されているか、期間・手続きは適正か
(三六協定、育児・介護休業協定、賃金控除協定、裁量労働協定等)

 

3.労働時間
時間管理の方法(出勤簿、タイムカード等)、残業時間の計算方法、休暇・休日の状況

 

4.給与計算
残業手当の計算方法(割増率、対象賃金)、社会保険料等控除、締日・支払日、手当の内容、休職時の社会保険料の取り扱い、賞与

 

5.労働・社会保険手続き
労働・社会保険の加入状況、被保険者は適正か、時期・方法は適正か

 

6.法定帳簿の整備
労働者名簿、賃金台帳、出勤簿、労働条件通知書・雇用契約書 等の整備

 

7.安全衛生関係
健康診断の実施、産業医・安全管理者・衛生管理者の選任、業務災害対策

 

 

 お問い合わせはこちら

 

 〒251-0047
 神奈川県藤沢市辻堂1-4-16 ヴェルドミール湘南401
 【JR東海道線 辻堂駅 南口 徒歩3分】

0466-41-9975



Google MAPでの表示はこちら→(https://goo.gl/maps/3UjfjhQ3vJD2
トップへ戻る